住宅ローンの負担は軽くできる?

借り換え」と「繰り上げ返済」のメリットについて

負担を抑える、借り換え効果

住宅ローンの借り換えとは、別の銀行から現在の住宅ローン残高に相当するお金を借り入れ、返済先を入れ替えることで、

それぞれの金利差による総返済額の減少や、月々の負担額を抑える方法です。

この方法は、ローン残高が1000万円以上ある場合や、

金利差が1%以上の場合、または返済期間が10年以上ある場合などに、

借り換え効果が期待できると考えられています。

しかし、借り換えにはさまざまな手数料が発生するため、検討は慎重かつ総合的に判断しなければなりません。そのため、専門家からの客観的な意見を取り入れておくことも大切となるでしょう。

繰り上げ返済の仕組みと注意点

住宅ローンの負担を抑える方法は、借り換えの他に繰り上げ返済などが考えられます。

繰り上げ返済には、返済期間を短縮する「期間短縮型」や、

月々の負担額を減少させる「返済額軽減型」などが存在するため、

ご家庭の状況に合わせて選択することができます。

注意点として、返済を急ぎすぎてしまうと、「住宅ローン控除」を受けられなくなってしまう可能性も存在するため、返済計画は、税制優遇の観点も考慮しておくことを忘れてはいけません。

大分県下で年間300件以上の相談実績を誇ります

私たちFPはーとさぽーと株式会社は、大分で約10年間に渡り、さまざまなご相談に応じてまいりました。

その中には、住宅の購入や、ローンに関する相談も非常に豊富で、

プロの視点から、お一人お一人に合った負担軽減策や税制の優遇措置などを提案しております。

もし住宅ローンなどでお悩みがあり、ご自身や周囲では判断が難しい場合は、

無料相談も受け付けておりますので、お問合せフォームよりお申し込みください。

alt
alt
alt

相談は、原則予約制

 

初めての方も、お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡下さい。