alt

住宅ローンで登場する諸費用は様々ありますが、その中でも大きな費用の中に頭金や手付金が存在します。頭金の有無はその後の審査や金利にも大きな影響を与えるため、非常に大切な判断ポイントのひとつになります。一方で、手付金は売買契約の担保のような位置づけで、引渡し時に戻ってくる(物件残高に差し引かれる)ものなので、プラスでかさんでしまう費用ではありませんが、住宅ローンの融資前の売買契約時に支払う必要がありますので、前もってその費用は準備しておく必要があります。なお、手付金の上限は物件価格の20%(一般的には5%~10%程度が通例)となっているため、予め計画的に準備しておきましょう。

このように住宅ローンは、手数料などが発生するタイミングがずれていたりするため、それぞれのタイミングで何が必要か、何をしなければいけないのか、計画的に進めていくことが求められます。

申込証拠金とは

手付金が『売買契約の担保』に当たるのに対して、申込証拠金は、マンションや戸建て住宅など不動産の購入を申し込む際に、売主や不動産会社に支払う『予約金』のような位置づけとなります。申込証拠金は必ず発生するものではなく、法的な定めも設けられていません。ただ、売買契約まで少し時間が欲しいケースなどに申込証拠金を支払うことで、一時的に押さえてもらうことが可能となります。

状況によって使い分けるといいでしょう。

頭金はいれたほうがいいの?

前述のように、頭金の有無は、その後の審査や金利にまで影響を与えることもありますので、住宅ローンを組むうえで非常に大切な判断ポイントの一つといえるでしょう。その一方で、頭金は物件価格の10%や20%を推奨されることも少なくない為、非常に高額な手出しとなります。どれだけ頭金を準備できるのか?また家計の収支状況はどのようになっているのか?にもよりますが、頭金にばかり比重を置いてしまうと、その後のご家計に大きな狂いが生じる可能性もありますので、ファイナンシャルプランナーなど、家計の専門家の意見も取り入れて進めるべきでしょう。

alt
alt
alt

大分屈指のファイナンシャルプランナー事務所

 

私たちFPはーとさぽーと株式会社は、大分県下最大の独立系ファイナンシャルプランナー事業所として、

地域に根差し、約10年間に渡って、相談実績を重ねて参りました。

不動産に特化したファイナンシャルプランナーをはじめ、

様々な分野に強みのあるスタッフが、多様化するお金の相談に対応しております。

不動産以外でも様々なご相談に応じておりますので、お困りの際はお問い合わせフォームよりご連絡ください。