年々伸び行く平均寿命

2040年には、5人に1人の女性が100歳まで生存する!?

上昇を辿る『平均寿命』と『生存割合』

一昔前、90歳以上のご年配の方は、テレビで取り上げられるほどに珍しい存在でしたが、直近2019年のデータによると、90歳までの生存割合は、男性で36%、女性で62%と発表されており、このデータから2040年までを推計すると、90歳時の生存割合は、男性42%、女性で68%となり、100歳までの場合だと、男性6%、女性が20%となります。参考※厚生労働省/厚生労働白書 各年の生命表

平均寿命の上昇は喜ばしい点ですが、一方で長寿命の陰に隠れたリスクも、しっかり考えておかなければならないといえるでしょう。

大切なのは『健康寿命』

長寿リスク、いわゆる『長生きリスク』には、どのようなものがあるのでしょうか?代表的なところでいえば、『老後資金』と『介護保障』のふたつが大きいでしょう。

また、これらを考えるとき、『健康寿命』はいつまで続くのか?ということも、念頭に入れておく必要があります。

なぜなら『健康寿命(日常生活に制限のない期間)』の長さによって、備えるべき金額が異なってくるからです。

 

見出しテキスト見出しテキスト見出しテキスト見出しテキスト

サンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキスト

alt
alt
alt

私たちFPはーとさぽーと株式会社は、大分県下で約10年間に渡り、相談実績を重ねてまいりました。

これまで培ってきた知識や経験を活かし、プロの視点より様々なサポートやアドバイスを行うことができます。

初めての方でも気軽にご来店していただけるよう、

相談料金も原則無料にてお受けしておりますので、ご用命の際は、遠慮せずお申し付けください。